ブログ

  1. Chbar Ampovに富裕層向けヴィラ型住宅

    写真:©OXLEY HOLDINGS LIMITEDプノンペン中心部、National Assembly Streetに大型商業施設付きコンドミニアム「The Bridge」(2018年オープン予定)を手掛けているオクスリー・ワールドブリッジが、プノンペンの南部でマス富裕層や外国人投資家をターゲ...

  2. Cambodia Experience Gift/カンボジア体験ギフト

    Cambodia gift's information needed for Japanese high new worth people. HighNetWorth Cambodia Online is always seeking for experience gifts from Ca...

  3. 成長著しい産業分野とカンボジアで成功する秘訣またはMICEの動向

    MICEが掲げる最新のメッセージは、ビジネスの新たな形態を作り上げるということです。ビジネス自体は雇用促進や給与アップが大事な側面を持っており、カンボジアへ成功の鍵を求める企業も増えています。経済発展に期待できる地域の動向を見ながら、外資系に強い人をまずは目指していくことが大事です。

  4. カンボジアに対するクールジャパン戦略の動向について

    クールジャパン戦略は世界に日本の独自文化や食文化を広め、世界の文化交流を活性化するとともに停滞する日本経済を活性化する一つの市場拡大を新興国を中心とする世界に求めるために2016年に企画された国家戦略です。

  5. カンボジア企業の日本市場参入と政治家の動向

    日本の貿易相手国として注目を集めてきた東南アジアは、航路や海路といった内容がはっきり見えています。カンボジア企業の日本市場参入は、マーケットを広げる重大な中身となっていき、製造業やアパレル業を中心に新たなフロンティアの拡大が期待できます。

  6. カンボジアのプライベートバンクの将来性と画期的な口座開設

    プライベートバンクの今後をしっかり見ておけば、カンボジア政府が率先して口座を開きたいという意志があるという点が見えてきます。株式投資が始まり、先進国に近い状況が生まれ、現在は東南アジアの新たな市場として注目を集めているのです。

  7. カンボジア金融機関のポイントと銀行口座開設への道

    発展が目まぐるしいカンボジアで新たに金融機関と触れ合うことは、新たなビジネスの幕開けにつながっていくものとなります。金融制度は限られた範囲で取引することが一般的になり、新興国以外の別の道を模索する動きも強まっています。

  8. カンボジアで不動産購入する場合の注意点

    最近ではカンボジアを含めて外国で農業をしたり、工場を建てたりする企業が増加し、個人でも物価の安い外国に移住しようと考えている人が増えています。そういった方がカンボジアで不動産購入をされるのですが、さまざまな注意点があります。

  9. カンボジアでの富裕層向けサービスはまだ確立していない?

    カンボジアの富裕層の動向・富裕層向けサービスの現状富裕層は政府や警察、軍と繋がっている、もしくはそのものであることが多く、言わば特権階級と言えます。例えば、車のフロントにVIPというカードがある場合には信号無視も追い抜きも警察は止めることもしません。

  10. カンボジアでのクールジャパン

    カンボジアでは日本は人気日本はカンボジアに多くの援助をしており、総事業費121億円のほぼ全額を日本が無償で提供した「つばさ橋」が2015年4月に開通したのは記憶に新しいと思います。完成したつばさ橋をモチーフにした紙幣には日本の国旗も描かれています。

Recent Entry

ページ上部へ戻る